高血圧が原因の頭痛には注意が必要である

頭痛を甘く見てはダメ、高血圧と頭痛の微妙な関係

高血圧の人は頭痛が起こりやすい、と言われますが、残念ながら何故そうなるかは分かっていません。しかし強い圧力で血流が押し出されるため、脳内の血管が急激に広がり、神経を刺激するためではないかと考えられています。また目が覚めたときに起こる頭痛は、睡眠中に脳内に溜まったガスを排出するために、血管が急激に動くためとも言われています。

しかし頭痛は、高血圧固有の症状ではありません。例えば発熱や、肩こり、眼精疲労が原因のときもあります。何が原因の頭痛かを見分けるには、肩に負担がかかるような姿勢をしていないか、など思い当たる原因を取り除いていくとよいでしょう。毎日血圧を測り、急激な上昇がないかもチェックしましょう。

高血圧が引き起こす頭痛には、決して見過ごしてはならない場合があります。血圧が急激に上がった場合、脳の血管が正常に動かなくなり、脳が腫れ、さまざまな脳障害を起こす高血圧緊急症などです。また頭痛と共に、動悸や発熱、吐き気、意識障害がある場合も、放っておいていけません。合併症を引き起こしている恐れがあるからです。くも膜下出血の場合、いきなり頭を強打されたような強い痛みがあります。このような場合は、しばらく様子をみてからなどと考えずに、すぐに病院へ行きましょう。緊急を要するかどうか分からない場合は、「#7119(救急相談センター)」に連絡して、判断を仰ぎましょう。

特に問題のない頭痛の場合、降圧剤で治ることがあります。逆に降圧剤で、頭痛が起こる場合もあります。いずれにしろ高血圧の場合、一口に“頭痛”といっても、さまざまな原因が隠されているので、安易に市販の頭痛薬を使用せず、医師に相談することをお勧めします。