糖尿病と高血圧は、負の連鎖関係にある

糖尿病と高血圧には密接な関係が。さらに脳血管障害のリスクも

糖尿病は血糖値が高くなり、高血圧は血圧が高くなる病気です。この二つは、一見まるで別の病気に思われますが、実は非常に密接な関係にあります。糖尿病の人は高血圧になりやすく、逆に高血圧の人は、糖尿病を発病しやすいと言われています。

糖尿病になると血糖値が高くなるため、血液がドロドロになってしまいます。するとそのドロドロの血を全身に送るためには、通常よりも心臓に負荷がかかり、血圧が上がります。また水などを飲むと、これ以上血糖値が上がることを防ぐために、血液量も増え、これも心臓に負担をかけ、やはり血圧が上がります。糖尿病を煩っている人には、肥満の人も多いですが、肥満になると交感神経が緊張し、血圧が上がることもあります。

さらに恐ろしいことに、糖尿病に高血圧が加わると、合併症を引き起こします。例えば脳卒中、脳梗塞など脳血管の病気や、狭心症、心筋梗塞、心臓肥大など心臓の疾患、また動脈硬化、糖尿病性腎症などです。これらの病に罹ると、後遺症に悩まされたり、寝たきり、最悪死に至ることもあります。

糖尿病は高血圧になりやすいと言われますが、逆に高血圧は糖尿病性腎症を引き起こします。血圧が高いと腎臓への血流が多くなり、必要以上の負担をかけてしまいます。こうして負担が大きくなった腎臓は、逆に血圧を上昇させるという、負の連鎖が起こります。

糖尿病と高血圧は、別々に考えるのではなく、合わせて治療した方がよいでしょう。特に若い頃から高血圧の人は、血管に負担がかかっているため、年齢に関係なく血管が老化しています。また今は血圧が正常でも、糖尿病があるなら、高血圧の予防が必要でしょう。糖尿病の治療のほかに、減塩など食生活の改善、禁煙、アルコールを控える、適度な運動(腎臓に疾患がある場合は、運動が逆効果になることもありますので、医師に相談してください)などです。特に肥満の場合は、肥満解消に努めてください。