高血圧から狭心症になる可能性もある

血圧の異常を放っておくと、恐ろしい狭心症の危険もあります

高血圧は、“サイレントキラー”とも呼ばれ、これと言った症状がないにも関わらず、体内ではゆっくりと進行しており、気が付けば狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの病気へと発展している、恐ろしい病気です。

狭心症は、高血圧を放っておくと引き起こされる病気の一つです。具体的には、どのような病気なのでしょうか。

高血圧になると、血管の負担が大きくなり、血管の壁にキズができ、コレステロールが溜まってきます。ちょうど水道管にサビが溜まっていく様子にたとえられることもあります。このような状態を動脈硬化と言います。そして動脈硬化が進むと、血管が細くなったり、痙攣を起こすなど、血流が悪くなり、心臓の筋肉に充分な酸素や栄養が供給されなくなります(ちなみに心臓は大きな一つの筋肉でできています)。すると心臓は、激しい胸痛や圧迫感、締め付けられるような重苦しさなどのSOS信号を出します。これが狭心症の主な症状です。この症状は、5分くらいで治まることもあれば、30分くらい続くこともあります。

そして狭心症は以下のようなタイプに別れます。
①労作狭心症:血管が細くなり、体を動かしているにも関わらず、心臓に酸素が十分に供給されないときに起こります。

②安静時狭心症:冠動脈の痙攣が原因で、急に心臓の酸素が不足すると起こります。夜間から早朝にかけて、就寝時に起こりやすいといえます。

③労作兼安静時狭心症:労作狭心症と安静時狭心症を合わせた狭心症です。

④不安定狭心症:症状が15分以上続く場合です。心筋梗塞へと進む可能性が高いです。いつもの発作だと、甘く見てはいけません。

狭心症の症状には、ニトログリセリンなどの投薬量法や、冠状動脈バイパス手術で対応できます。そして何よりも大切なのは、高血圧という原因を取り除かなければなりません。そのためにも、偏った食事や、暴飲暴食を控え、運動不足、喫煙などの生活習慣を見直してください。