高血圧の治療薬は副作用も心配である

高血圧の薬は、副作用も心配。どのように選べばいいの?

高血圧の治療を受ける際に、どうしても投薬が必要になることがあります。しかしインターネットなどで、これら降圧剤の副作用について取り上げているサイトが多いのも事実です。どうしたらよいのでしょうか。

医師から処方された薬であるなら、やはり指示通りに飲んだ方がよいでしょう。もし投薬によって体の具合が悪くなるのであれば、我慢せずにその状態を詳しく医師に話し、薬の内容を変えてもらった方がよいでしょう。間違っても自己判断で薬を変えたり、止めてしまってはいけません。薬の種類によっては、とても危険です。

また投薬とは、病状を改善するためだけのものであり、ずっと飲んでいれば高血圧が治るというものではありません。薬を飲んでいるからと言って、今までの悪い習慣を続けていれば、高血圧は治るどころか悪化します。

以下に、高血圧の治療に使われる代表的な薬と、副作用を明記します。
・カルシウム拮抗剤:カルシウムを遮断し、血管が収縮しないようにして血圧を下げます。頭痛や動悸、むくみ、歯肉増生、便秘などの副作用があります。薬の種類によっては、心臓病のある人には使えないものもあります。

・ACE阻害薬:AECの働きを抑え、血圧を下げます。腎障害のある人、妊婦の服用は禁止されています。また空咳や発疹、味覚障害がでる場合があります。

・アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB):水分や電解質の量を調整しながら血管の収縮を防ぎ、血圧を下げます。また心臓病や糖尿病を抑制、腎臓を保護する効果もあります。めまい、発疹や頭痛などの副作用があります。また妊婦、授乳婦、重度の肝障害や腎障害のある場合、服用には注意が必要です。

・利尿薬:腎臓から余分なナトリウムを体外に排出します。種類によっては、β遮断薬と併用すると危険です。また低カリウム血症、高尿酸血症などのリスクもあります。

・β遮断薬:交感神経の働きを押さえ、血圧を下げます。しかし糖尿病や気管支喘息がある場合、高齢者が服用するのは危険です。またやる気や意欲が低下したり、眠気に襲われたりする場合もあります。服用を中止するには、自己判断をせず医師の指示に従い、徐々に服用量を減らしていかなければなりません。

・α遮断薬:早朝高血圧に効果があります。血管の収縮を押さえ、血圧を下げます。脳へ送られる血液量が少なくなり、めまい、たちくらみなどの副作用があります。

副作用が心配な場合、漢方薬を試すのもよいでしょう。漢方薬は、体内の環境を整えたり、体質を改善するもので、西洋医学の薬のように即効性はありませんが、徐々に体調を整える手助けとなります。しかし現在、西洋医学の薬を使用している場合は、必ず医師と相談してから試してください。
・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいかこりゅうこつぼれいとう):心身を落ち着かせます。

・大柴胡湯(だいさいことう) :体内の熱や炎症を鎮めます。

・釣藤散(ちょうとうさん) :脳の血管を広げ、血液の循環をよくします。甘草が含ま・れているので、飲み合わせによっては血圧が上がることがあります。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):血行をよくします。また余分な水分を排出します。妊婦の服用には注意が必要です。

・黄連解毒湯(おうれんげどくとう):体内の熱を排出します。のぼせも押さえます。

・補陽還五湯(ほようかんごとう):血行をよくします。

・三黄型瀉心湯(さんおうしゃしんとう):体内の熱を排出し、炎症を抑えます。

生活習慣や食事を改善すれば、副作用の心配もなく高血圧が改善することは、言うまでもありません。