女性には、特有の更年期高血圧がある

いつも低血圧だからと油断しないで。女性には特有の高血圧があります

高血圧と聞くと、メタボ気味男性の専売特許と思われていますが、実は女性には特有の更年期高血圧があります。
聞き慣れない言葉ですが、更年期に発症しやすいために、このように呼ばれています。たとえ今まで低血圧気味の女性でも、更年期を機に高血圧となる人も少なくありません。

更年期になると、エストロゲンという女性ホルモンが減少してきます。するとホルモンバランスが乱れ、それに伴い血圧をコントロールする自律神経も不安定になります。更年期高血圧は、血圧が不安定で、たとえばイライラやストレス、睡眠不足、また通常ならあまり影響が出ないちょっとしたことでも、血圧が変動しやすくなります。ただでさえ、子育てや親の介護など、さまざまな問題を抱えている年代です。ストレスのタネは尽きないでしょう。それらのストレスも、血圧を上げる原因となる可能性が高いです。

またエストロゲンには、血管を拡張させる働きがあります。ですからエストロゲンの減少で、血管の弾力がなくなり、動脈硬化の恐れも出てきます。

ホルモンバランスの乱れが原因となった高血圧なので、更年期を過ぎると、再び血圧が安定する人もいますが、そのまま高血圧になってしまう人も少なくありません。ですから更年期症状の一つだと、軽く考えずに、しっかりと治療しましょう。

更年期高血圧の投薬治療は、ホルモン補充療法、抗精神病薬、また降圧剤の投与などです。しかし薬に頼るばかりでなく、普段の生活の改善も必要でしょう。

①有酸素運動:血管の老化を防ぐために、適度な運動は大切です。ただしほかの病気を伴う場合、運動が逆効果になることもあります。医師とよく相談してから、始めてください。

②減塩:やはり高血圧の治療には、減塩は欠かせません。また糖尿病も発症しやすい状態にあるので、甘いモノのとり過ぎにも注意してください。

③充分な睡眠、リラックス:交感神経を休めるために必要です。忙しくて難しいかもしれませんが、たまには自分のための時間を、思いっきり楽しんでください。

更年期高血圧も、放っておくと心筋梗塞などの心臓疾患、また脳卒中などの脳血管障害になるリスクがあります。早めの治療をお勧めします。