高血圧 ストレス

いつも低血圧だからと油断しないで。女性には特有の高血圧があります

高血圧と聞くと、メタボ気味男性の専売特許と思われていますが、実は女性には特有の更年期高血圧があります。
聞き慣れない言葉ですが、更年期に発症しやすいために、このように呼ばれています。たとえ今まで低血圧気味の女性でも、更年期を機に高血圧となる人も少なくありません。

更年期になると、エストロゲンという女性ホルモンが減少してきます。するとホルモンバランスが乱れ、それに伴い血圧をコントロールする自律神経も不安定になります。更年期高血圧は、血圧が不安定で、たとえばイライラやストレス、睡眠不足、また通常ならあまり影響が出ないちょっとしたことでも、血圧が変動しやすくなります。ただでさえ、子育てや親の介護など、さまざまな問題を抱えている年代です。ストレスのタネは尽きないでしょう。それらのストレスも、血圧を上げる原因となる可能性が高いです。

またエストロゲンには、血管を拡張させる働きがあります。ですからエストロゲンの減少で、血管の弾力がなくなり、動脈硬化の恐れも出てきます。

ホルモンバランスの乱れが原因となった高血圧なので、更年期を過ぎると、再び血圧が安定する人もいますが、そのまま高血圧になってしまう人も少なくありません。ですから更年期症状の一つだと、軽く考えずに、しっかりと治療しましょう。

更年期高血圧の投薬治療は、ホルモン補充療法、抗精神病薬、また降圧剤の投与などです。しかし薬に頼るばかりでなく、普段の生活の改善も必要でしょう。

①有酸素運動:血管の老化を防ぐために、適度な運動は大切です。ただしほかの病気を伴う場合、運動が逆効果になることもあります。医師とよく相談してから、始めてください。

②減塩:やはり高血圧の治療には、減塩は欠かせません。また糖尿病も発症しやすい状態にあるので、甘いモノのとり過ぎにも注意してください。

③充分な睡眠、リラックス:交感神経を休めるために必要です。忙しくて難しいかもしれませんが、たまには自分のための時間を、思いっきり楽しんでください。

更年期高血圧も、放っておくと心筋梗塞などの心臓疾患、また脳卒中などの脳血管障害になるリスクがあります。早めの治療をお勧めします。

塩分を控えても、効果が現れないことも。塩分と高血圧の複雑な関係

高血圧になると減塩をした方がよい、とよく言われます。もちろん人体に塩分は必要なのですが、必要以上に採り過ぎると、血液中のナトリウム(塩分)を一定の濃度に保つために、腎臓から採り過ぎた分を排出するために、血液中の水分が増え、多くなった血液を循環させるために、血圧が上昇します。このような場合は、塩分を控え、血液中のナトリウムの濃度を一定に保てば、血圧も安定します。

しかし、高血圧の人の中には、減塩しても効果がない、食塩非感受性タイプ(塩分の影響を受けやすいタイプは、食塩感受性)の人がいます。このタイプのひとは、食塩感受性タイプに比べ、腎臓がよく働き、体内の余分なナトリウムを、蓄積せずに体内に排出するので、塩分の影響をほとんど受けません。一見、高血圧とは無関係の体質に思えますが、では何故、食塩非感受性タイプが高血圧になるのでしょうか。

食塩非感受性タイプがアンジオテンシンⅡというタンパク質を摂取すると、血管が収縮し、血圧が上昇するそうです。このタイプの人が、減塩を行ったり、利尿剤を使用しても、あまり効果がないどころか、場合によっては、かえってナトリウムが不足してしまいます。食塩非感受性タイプが血圧を下げるには、有酸素運動が効果的と言われています。運動によって全身の血流がよくなると、血管が血液を押し出す力を促進し、心臓への負荷も減り、血圧が下がってきます。

もし高血圧と診断された場合、自分がどちらのタイプか分からないと、適切な治療ができませんね。しかし残念ながら、実際に減塩などの治療を行い、血圧の変化を見なければ、どちらのタイプか分からないそうです。高血圧と分かったら、まずは病院で診断を受けたほうが無難です。

食塩感受性タイプの場合は、非感受性タイプよりも腎臓の働きが悪くなっています。また心疾患や脳血管障害、腎臓病に発展するリスクも高くなります。このタイプの場合は、とにかく減塩を心がけて、同時に生活習慣を改善することをお勧めします。もちろん非感受性タイプだからといって、塩分を採り過ぎたり暴飲暴食を繰り返すと、やはり体に悪いことは、言うまでもありません。

血圧計の、上の数値ばかり見ないで。下が高い、もりっぱな高血圧です

高血圧とは、血管の収縮時の血圧が140以上、拡張期が90以上になった場合です。毎日測定をしてチェックしていると、自分の血圧がどのような状態にあるか、よくわかりますね。しかしここで、少しチェックの仕方を振り返ってみてください。下の血圧も、上と同様に気を付けていますか。もし上(収縮器)の血圧しか、気に止めていないのなら、今日から下の血圧にも、気を配ってみてください。

上の血圧とは、血管が収縮したときの数値です。もし血液がドロドロしていたら、これを押し出すためには、かなりの負荷がかかりますね。上の血圧の数値は、血液の質に影響を受けます。それに対して、下の血圧は、血管が膨張したときの数値です。血管が広くなったときの血管の流れ方に影響を受けるので、血管のつまりがあるかどうかが分かります。

では下の血圧が高いとは、どのような状態なのでしょうか。血管の壁には栄養血管というものがあり、血管の拡張期に血液を流し、血管を健康な状態に保っています。しかし、本来圧力がかかっていないはずの拡張期に、血管の内側から圧力がかかっていると(血圧の下が高い状態)、栄養血管に充分な血液が流れず、血管自体が劣化してしまいます。すると動脈硬化を起こしやすくなり、心筋梗塞や脳卒中のリスクも高くなります。

年配の方で、だんだん下の血圧が下がってきたという場合は、血管の弾力がなくなってきた可能性もあります。

下の血圧が上がるのは、睡眠不足、運動の不足、喫煙や飲酒、ストレスが、原因と言われています。特に睡眠不足やストレスは、副交感神経の働きを妨げ、心臓が興奮状態になる時間が多く、手足の血管を収縮させてしまいます。ですから、下の血圧が高い状態が続いたら、まずはリラックスする時間を増やし、睡眠も十分にとりましょう。また減塩も大切です。

最近テレビで見かける、高血圧の手術とはどんな手術?

もし、毎日飲み続けている降圧剤から解放されたら…、脳血管障害や心臓疾患に陥るリスクが低くなったら…、こんなにうれしいことはありませんね。もちろん高血圧は、まず薬に頼らずに、生活習慣の改善で治すことがベストです。しかし重症化すると、薬では血圧を下げることができなくなることもあります。

カテーテルを使って血圧を下げることもできるようです。“腎デナベーション”という手法です。血圧の高低は、脳と腎臓の間にある交感神経で信号をやりとりし、コントロールされています。この信号の量が多いと血圧は上がり、少ないと血圧が下がります。そして信号の量が調節できなくなり、多量に流れると血圧も上がります。この状態が高血圧です。腎デナベーションでは、血管が収縮すると血圧を上げるように、脳に送られていた信号を減らすことで、血圧の上昇を抑えます。

具体的な手術法は、まず太ももの付け根にある動脈から、カテーテルを挿入し、腎臓まで通します。そして腎臓のそばにある、血圧をコントロールする交感神経を、症状に応じて焼き切ります。手術時間は、だいたい1時間前後だそうです。

この方法により、平均値が160近くあった患者の血圧が、130まで下がったそうです。また海外でも、副作用はほとんどないそうです(しかし、全く効果がなかったという患者もいるそうです)。

まだ治験段階で、施術を行う病院も限られているようですが、興味がある人は、インターネットなどで、情報を集めてみてもよいかもしれません。

しかし、手術でも改善できるからと言って、生活習慣を元に戻し、不規則な生活をおくることだけは、決してやらないでください。

血圧が高いと、心臓に負担がかかります。心臓肥大のリスクもあります

血管の内側に老廃物などが溜まり、血管が細くなり、細い血液を循環させるために心臓に必要以上に負荷がかかる。体内の血液量が増え、その血液を循環させるために、心臓に必要以上の負荷がかかる。副交感神経の働きが鈍くなり、交感神経ばかりが働き、興奮状態が長く続く。全て高血圧を引き起こす症状ですね。そしてそれらの症状の共通点は“心臓への負担”です。負荷が大きくなった心臓は、筋肉を太くして対応しようとします。これが心臓肥大です。

心臓の筋肉が太くなると聞くと、何だか筋肉が丈夫になったように思えますが、実は筋肉の細胞の数が増えているのではなく、心筋細胞自体が大きくなったために、太くなるのです。血液を循環させる冠動脈は以前と同じなので、大きくなった心筋細胞に十分足りるほどの血液を送り込むことができません。そして狭心症や心筋梗塞を発症するリスクも高くなってきます。また肥大した分だけ心臓への負担も大きくなり、弱った心臓では充分な血液の供給ができなくなり、心不全に陥る危険もあります。

また運動などで体を激しく動かしたとき、息切れ、胸の痛みがある場合がありますが、これは心筋虚血の可能性もあります。

高血圧と同様に、初期の段階では自覚症状がなく、心臓肥大に気付かないケースもあります。胸部のX線や心エコー検査で初めて発見されたということがほとんどなので、血圧が高めの人は、毎年、健康診断を必ず受けてください。

このように放っておくと恐ろしい心臓肥大ですが、治療するには、原因となっている高血圧を改善しなければなりません。ですから生活習慣から見直し、
①減塩を心がける
②野菜中心の食事に切り替える
③暴飲暴食を避ける
④禁煙
⑤充分な睡眠をとり、ストレスを溜めない
⑥適度な運動(ただし心臓に負担をかけてはいけません。必ず医師と相談してください)を実行してください。

初期の心臓肥大であるなら、高血圧が改善されると、心臓の大きさも元に戻る可能性もあります。

糖尿病と高血圧には密接な関係が。さらに脳血管障害のリスクも

糖尿病は血糖値が高くなり、高血圧は血圧が高くなる病気です。この二つは、一見まるで別の病気に思われますが、実は非常に密接な関係にあります。糖尿病の人は高血圧になりやすく、逆に高血圧の人は、糖尿病を発病しやすいと言われています。

糖尿病になると血糖値が高くなるため、血液がドロドロになってしまいます。するとそのドロドロの血を全身に送るためには、通常よりも心臓に負荷がかかり、血圧が上がります。また水などを飲むと、これ以上血糖値が上がることを防ぐために、血液量も増え、これも心臓に負担をかけ、やはり血圧が上がります。糖尿病を煩っている人には、肥満の人も多いですが、肥満になると交感神経が緊張し、血圧が上がることもあります。

さらに恐ろしいことに、糖尿病に高血圧が加わると、合併症を引き起こします。例えば脳卒中、脳梗塞など脳血管の病気や、狭心症、心筋梗塞、心臓肥大など心臓の疾患、また動脈硬化、糖尿病性腎症などです。これらの病に罹ると、後遺症に悩まされたり、寝たきり、最悪死に至ることもあります。

糖尿病は高血圧になりやすいと言われますが、逆に高血圧は糖尿病性腎症を引き起こします。血圧が高いと腎臓への血流が多くなり、必要以上の負担をかけてしまいます。こうして負担が大きくなった腎臓は、逆に血圧を上昇させるという、負の連鎖が起こります。

糖尿病と高血圧は、別々に考えるのではなく、合わせて治療した方がよいでしょう。特に若い頃から高血圧の人は、血管に負担がかかっているため、年齢に関係なく血管が老化しています。また今は血圧が正常でも、糖尿病があるなら、高血圧の予防が必要でしょう。糖尿病の治療のほかに、減塩など食生活の改善、禁煙、アルコールを控える、適度な運動(腎臓に疾患がある場合は、運動が逆効果になることもありますので、医師に相談してください)などです。特に肥満の場合は、肥満解消に努めてください。

血圧が高めだと、心不全になるリスクも高くなります

心不全は放っておくと死に至る、とても怖い状態です。高血圧が進行すると、心不全を引き起こす可能性もあります。

心不全というのは、病名ではありません。高血圧などが原因となり、血管の収縮や拡張機能が低下してしまうと、左心室腔が大きくなります。すると血液の循環が悪くなり肺などのほかの臓器に、水が溜まります。すると動いただけで動悸や息切れ、さらに呼吸困難になったり、疲れやすくなる、浮腫む、急に体重が増える、などの症状が出てきます。この状態を心不全といいます。さらに心不全を放っておくと、血液を送り出すために通常よりも負荷のかかった心臓の筋肉が太くなり、心臓肥大などの病気にもなります。

では何故、高血圧が心不全を引き起こすのでしょうか。高血圧になると、血管中のナトリウム量が多くなり、それを薄めるため血液中の水分が多くなります。するとその血液を循環させるため、心臓には通常以上の負荷がかかってしまうのです。また高血圧は“サイレントキラー”と言われるように、目立った症状もなく、静かに進行している場合がほとんどです。ですから気がついたときには、すでに心不全の状態になっていたという可能性もあります。

ですからもし健康診断などで、高血圧と診断されたら、決して甘く考えず、一日も早く改善することを考えなくてはいけません。またすでに心不全の状態になっていたら、真剣に治療をすることをお勧めします。

投薬治療の有無に関わらず、食事や運動、生活習慣の改善(禁酒、禁煙)は必須と言えるでしょう。高血圧の治療と同様に、塩分は1日6グラム以下に抑え、体内に水分が溜まるのを予防した方がよいでしょう。また肥満気味な人は、体重の管理も行ってください。血液の流れが滞ると、体内に水分が溜り、臓器が浮腫み、体重が増えてきます。もし急激に体重が増加した場合や、心不全の症状が悪化したときは、軽く考えずにすぐに受診してください。

一日一個の生たまねぎで、血圧が高めの体質を改善しよう

タマネギは、料理のコクを引き出すために欠かせない野菜と言われています。しかし味の面だけでなく、実は含まれている栄養素も、見逃せません。

生タマネギを食べたときの辛み成分、硫化プロピルは、空気に触れるとチオスルフィーネという成分に変化しますが、これには血液をサラサラにする作用があります。また切った時に涙がでますが、その原因となっている硫化アリルも、血栓やコレステロールの代謝を促進する働きがあります。

その他にも、この硫化アリルが体内でビタミン B1と結合すると、アリチアミンになり、ビタミンB1を体内に留めておく役割を果たします。これによって疲労回復や精神の安定といった効果も期待できます。一見高血圧とは関係がないように思われますが、極度の疲労やストレスも高血圧の大敵です。このようにタマネギは、直接血流に働きかけるだけでなく、精神面でも高血圧改善の大きな味方となってくれそうですね。

では具体的に、どのようにして食べるのが、効果があるのでしょうか。結論から言ってしまえば、いくら“タマネギ好き”な人でも、毎日同じメニューでは飽きてしまい、仕舞には食べること自体がストレスになってしまいます。ですから、たまには“栄養素が逃げてしまう”といわれる調理法で食べても、バチは当たらないと思います。大切なのは、毎日食べ続けることです(毎日食べ続けることが理想なのであって、決して“毎日食べなければいけない”わけではありません)。くれぐれも、“食べること”をストレスのタネにしないでください。

さて、脇道にそれてしまいましたが、理想的な食べ方は、繊維を断ちきるように横に切り、水にさらさず生のまま食べることです。以前、礼儀正しさで人気のある関取が、病気を治すために、毎朝生タマネギ1個分をスライスして食べ、健康を取り戻したという話がありました。しかし、よほどのタマネギ好きならともかく我々一般人は、とてもこのお相撲さんのように、豪快には食べられません。ですから美味しく食べるためにも、調理に一工夫してみましょう。

生で食べるのが理想ですが、刻んだ後に1時間ほど空気にさらすと、栄養分が逃げ出しにくくなります。ですから放置した後に、熱を加えれば、調理の幅も広がります。また水にさらさなくても、お酢を使用したドレッシングをかけると、辛みが和らぎ食べやすくなります。お酢も高血圧改善には欠かせない食品です。一石二鳥のようで、なんだか得した気分になりますね。

タマネギは身だけでなく、皮も利用できます。これは民間療法ですが、皮を煎じても飲むのも、高血圧改善に効果があると言われています。タマネギは丸ごと利用できますね。

タマネギが嫌いな人は、サプリメントを利用してもよいでしょう。しかしこの場合は、かならず医師の指示を仰いでください。

血圧が高めかなと思ったら、まず食品中のナトリウムをチェック

塩分を採りすぎると血圧が上がる、と言いますが、“塩(ナトリウム)”は本当に体に悪いのでしょうか。

ナトリウムは人体に必要なミネラルの一つで、血管を収縮させるなど、体内で重要な働きをします。昔は激しい運動や肉体労働などで汗をかいた後に、塩をなめたりしたものです。しかしいくら必要なミネラルと言っても、適量ならよいのですが、採りすぎは逆に体に害を及ぼします。とくに欧米人に比べ、日本人は塩辛い食事が多いと言います。またそれに加え、現代人は汗をかきにくい体質になっているため、体内のナトリウムを排出しにくい状態になっています。すると適切なカリウムの量を維持するため、ナトリウムを薄めるための血液の量が増え、血圧も上昇します。

ですからナトリウムは採りすぎなければ、何の問題もありません。しかし高血圧を煩っている人にとっては、逆に摂取量を減らせば、改善できることになります。ちなみにナトリウムというと、何か馴染みがありませんが、ナトリウムと塩素がくっついたものが普段目にする食塩です。高血圧の場合、1日の塩分の摂取量は6グラム以内と言われています。塩辛い食べ物を避けることは勿論ですが、普段から食品のなかの塩分量を気にする習慣を付けた方がよいでしょう。

ナトリウムは、加工食品や調味料によく使われています。ですからラベルなどに表示されている成分表は、必ず見るようにしましょう。ナトリウムと言われるとピンときませんが、下記のように塩分量に換算すれば、分かりやすくなります。

ナトリウム含量(グラム)×2.54=塩分量(グラム)
ナトリウム(mg)×2.54÷1,000=塩分量(グラム)

では具体的に、どのようにナトリウムを減らせばよいでしょうか。
①加工食品を避ける:手軽で便利ですが、保存性を持たせるために、塩分を多めに使っています。絶対に使うな、とは言いませんが、なるべく使わないようにしましょう。

②塩の替わりにレモンなどを使う:特に濃いめの味が好きな人に、いきなり薄味はつらいでしょう。そこで“塩気”を“コク”におきかえてみてはいかがでしょうか。レモンなどの酸味、ハーブなどのスパイス系、カレー粉などの辛みなどがお勧めです。またウスターソースに含まれる塩分は、醤油の2分の1ほどです。ソースやドレッシングの旨味を利用してもよいでしょう。また最近流行の塩麹を利用すると、食塩よりも塩分が少なくコクもでます。

③かけずに付ける:とんかつや海鮮丼など、豪快にソース、醤油をたっぷりかけてほおばりたいですね。でもここで少し我慢。お刺身のように、調味料に付けながら食べれば、必要以上の塩分の摂取が避けられます。

④カリウムを一緒に採る:野菜、果物、海草には、カリウムやミネラルが含まれています。高血圧改善には、野菜中心の食生活がよいと言われますが、野菜の中のカリウムが、余分なナトリウムを排出するからです。ちなみにお味噌汁を飲むなら、具はワカメが良いですね。(腎臓、心臓が悪い場合、カリウムの摂取は医師と相談してください)

⑤自然塩を使う:精製度の低い粗塩には、ナトリウムだけでなく、カリウムや、マグネシウム、ミネラルが含まれています。

不眠を放っておかないで。高血圧のリスクもあります

一見何の関係もないように見えますが、実は高血圧と不眠には、見逃してはならない密接な関係があります。眠りにつくと交感神経が休み、替わりに副交感神経の働きが活発になります。すると体温も1度下がり、血圧も低くなります。しかし睡眠時間が十分でなかったり、眠りの質が悪かったりすると、副交感神経の働きが悪くなり、血圧が下がらなくなります。すると血圧が常に高い状態が続き、体が十分に休まらなくなり、副交感神経の働きが悪くなり、血圧が高い状態のままが続き…。このように高血圧と不眠の悪循環が続いてしまいます。これでは、体に疲れが溜まり続けるだけですね。実際にこの“夜間高血圧”の状態が続くと、心臓の血管疾患のリスクも高くなり、とても危険です。

では、質のよい睡眠をとるには、どうすればよいでしょうか。
・飲食:仕事の都合で難しいかもしれませんが、できれば就寝の2時間前までに食事はすませてください。直前だと、寝ている間でも消化のために胃腸が働き、体を十分に休めることができなくなります。

・アルコール:“寝酒”と言われますが、実際は百害あって一利なしです。アルコールを摂取すると、3時間後に体内でアルコールの分解が始まります。これでは体が十分に休まることはありませんね。

・カフェイン:珈琲や紅茶、緑茶など、カフェインの入った飲み物も、寝る前には飲まない方がよいでしょう。しかし暖かい飲み物でまったりしたい、というのも本音でしょう。そのようなときは、ホットミルクがお勧めです。牛乳が苦手な人には、カモミールティーもよいでしょう。

・水:“睡眠中にコップ1杯の汗をかく”と言われます。ですから寝る前に水分を補給しておかないと、血液がドロドロになってしまいます。コップ1杯の水を飲んでから寝るとよいでしょう。

・たばこ:最近ではすっかり悪者になってしまいましたが、寝る前のたばこもお勧めできません。睡眠中に体内のニコチンが切れ、神経が高ぶり血圧が上がってしまうからです。また寝たばこは、火事の原因でもありとても危険です。高血圧の改善のためにも、思い切って禁煙しましょう。

・ストレス:正直に言って「ストレスをなくしましょう」など、不可能な話です。しかし日常の問題や悩みがストレスとなり、交感神経を休めることができないと、どうしても眠りの質が悪くなります。ぬるめのお風呂でゆったりする、マッサージ、アロマセラピーなど、寝る前くらいは、できるだけまったりしてください。環境音楽などのCDを聞くのもお勧めです。

・睡眠時無呼吸症候群:睡眠中に呼吸が止まる症状で、放っておくととても危険です。すぐに病院で診察を受けてください。

高血圧治療の一環として、不眠解消を入れては如何でしょうか。